本文へスキップ

中間管理職の悩みや問題を解決するサイト

中間管理職.netとは?profile

中間管理職.net トップ > 初めに・初めての方・中間管理職.netとは?

初めに・初めての方・中間管理職.netとは?


 

 スポンサードリンク
 

初めに〜私のプロフィール〜


  中間管理職.netへアクセス頂きありがとうございます。私は「係長.net」というサイトも同時に運営している佐藤洋介と言います。


 私は普通のサラリーマンで、現役の中間管理職です。(佐藤洋介はペンネームです。)


 でも、中間管理職の役割や仕事術に関しては、専門家ばりに知識を持っています。


 私は26歳で中間管理職となり、突然のマネジャー就任に驚いたことを、今でも鮮明に覚えています。


 と同時に、年上の先輩が部下となり、次々に転職してくる部下や女性部下など、マネジャーとしての役割をどうやって全うしていくのか、日々不安を抱えていました。


 そんな中、自分の体験や考え方を整理できる「係長.net」(旧:係長.com)を立ち上げ、体験をつづってきました。


 自分自身が体験してきたことを整理する手法は、日記と同様に効果があります。年齢が若いこともあって仕事も順調に進み、純粋に仕事を楽しんでいました。


 ところが、私はどうしても行きたくない部署に回されてしまい、モチベーションも急下降。仕事も進まなくなり、自信があったマネジメントもほとんど出来なくなってしまいました。


 そして、最終的には自分一人では到底達成できない仕事を大量に抱え込んでしまい、長時間残業を数ヶ月続け、極度のストレス押しつぶされたあげく「うつ」を発症。


 今は治りましたが大変な思いをしました。実は今でも同様に大量の仕事をこなさなければならないプレイングマネジャーです。日々、悪戦苦闘しています。

 スポンサードリンク
 

なぜ、中間管理職はこんなにもツライのか?


 なぜ、中間管理職はツライ立場にあるのでしょうか?


 私は、平社員の頃は成績がかなり良い方でした。仕事にも自信があったし、自分の生活も楽しんでいたので、日々充実していました。


 ところが、中間管理職になってみると仕事と生活が激変。


 仕事が溢れだすように増え、やってもやってもキリがありません。しかも、部下は上司のパンク寸前の状態に気にもせず、どんどん相談や指示を促してきます。突発的な業務やプロジェクト、苦情、クレームにも迅速に対処していかなければなりませんでした。


 当然、自分の仕事もこなすことができず、残業をすることで労働時間が長くなります。家にも帰ることができず、心身が疲弊しストレスもたまっていきます。


 経営サイドは業績が悪化すれば、人員の採用を抑制します。そのしわ寄せは、結局は中間管理職が受け止めカバーすることになり、ゆくゆくは破たんしてしまうのす。


 私は、部下の立場で与えられた仕事をキッチリやることと、溢れんばかりの仕事をこなしながら、部下の教育や指導をしながら結果を出す側の働き方は根本的に違うんだと、身をもって学ぶことができました。

中間管理職.netと係長.netについて






 中間管理職.netは、中間管理職の仕事上の悩み、ストレス・うつ・辛いを解消する相談専門サイトです。


 中間管理職とは、係長、課長代理、課長補佐、課長など自分よりも上の役職の指揮下にあり、部下の管理もする「中間の管理職」の事を言います。


 中間管理職は上からの押さえつけ、下からの突き上げなど、サンドウィッチ症候群と日々戦う大変な立場にあります。


 私は、歴史のある組織で26歳で初めて中間管理職になり、その苦闘や経験の中から、中間管理職としての生き方や働き方を身につける術を覚えました。(※ とはいっても、まだまだ勉強の身です。)


 中間管理職.netの基本的な考え方として、メンタル面のケアが最重要であると思っています。自分自信が大変苦労してきた思いが強く、お助けサイトとしてオープンしました。


 部下のマネジメント、上司との付き合い方、年功序列組織での生き抜き方などの私の経験はあなたの悩みにきっと答えられると思います。真面目な方は溜め込まずに色々とお話して下さい。


 中間管理職.netでは、他の方がどんな質問をされているか、その回答内容も見ることができます。


 メール相談されたい方はいつでもご連絡ください。
 >> メール相談する(メールフォームへ移動)


 
 >> 係長.netにアクセスしてみる

 係長.netは、中間管理職の中でも特に苦労が多いとされる「係長」の全国オンリーワンの問題解決、学習支援サイトです。

 係長(中間管理職)は、自分自身の仕事をこなすだけでなく、部下の育成、組織のパフォーマンスを上げて結果を導き出す事、また部署間の調整や、上下のパイプ役、ありとあらゆる業務を遂行する任務があります。


 係長は中間管理職の中でも最も苦労する立場にあると思います。
 でも、係長が学べるサイトは今まで存在が無く、私が係長になりたての当時は係長の情報が不足していましたので、相当苦労した記憶があります。


 係長.net、私の体験や経験を踏まえて「係長とは一体何をする職業なのか?」をテーマに、中間管理職やマネージャー職の仕事術、リーダーシップの方法、マネジメントの方法など、組織の中で生き抜く方法を記載しています。


 私も係長.netと同様に成長の途中にあります。「成長したい」、「活躍したい」、「学習したい」という全国のビジネスパーソンのお役に立てれば幸いに思います。



 それでは、初めに「係長の役割」や「主任の役割」について、まとめてある記事からご覧ください。
 >> 係長の役割とは

  >> コラム「係長と主任の違いとは」

事業実績


・ 電子書籍「年功序列でも26歳で係長・主査にブッチぎりで昇進する技術」が、無料キャンペーンで、

 「実践経営リーダーシップ部門ベストセラーランキング」
5日間連続 第1位獲得
 「投資・金融・会社経営 部門ベストセラーランキング」
 4日間連続 第1位獲得

・ 電子書籍の2タイトルが、アマゾンキンドルランキング3位、4位を獲得(2014年9月18日現在)
メールマガジンの購読者が500人を突破しました (2013年11月時点)
・ 係長研修(内部研修)のレジュメ資料に、サイト記事が抜粋されました(2012年沖縄県 財団法人)

ユーザー(お客様)の声

「係長.com」時代から現在の「係長.net」「中間管理職.net」へ頂きましたweb購読者様からの声を掲載しています。>>感想やご意見はこちらからお願いします


男性係長 Nさん new

 係長になったばかりで、どのように対応していったらよいのかわからず、ネットで調べていたところ、佐藤様のサイトと出会うことができました。本当に参考になることばかりで勉強させてもらっています。

北海道 男性係長

 初めて読ませていただきました。読むと身に覚えがあり恥ずかしく思ったり、その対応をすれば良かったのかと悔やんだりしました。まだすべての項目を読んではいませんが、ご苦労が行間から読めたような気がします。新しいコラムを楽しみにしています。

岩手県 男性主任

 とても共感できる内容です。今後もぶれることなく一貫性のあるサイトであることを期待します。

?県 男性係長

 今晩は。初めて貴サイトを拝見しました。素晴らしい頭脳、才能、エネルギーですね。そして、優しい人間性ですね。決して皮肉や、からかいではありません。私が自分の30代の頃を振り返って、如何に何もしなかった事を悔やむのと正反対です。
サイトを大いに参考にさせて頂きます。

千葉県県 男性係長

 昨年度より研究開発のテーマリーダーとなり,日々の業務で悩んでいるところ、たまたまこのサイトを見つけました。いろいろと参考にさせてください。

東京都 男性係長

 今後とも中間管理職たる係長の役割について情報提供よろしくお願いします。

奈良県 男性係長

 今年、拝命したばかりなので、初歩的なことからまなびたいと思います。特に人間関係についてよろしくお願いします。

埼玉県 男性主任

 現在主任ですが係長になる為に今からしなくてはならない事、メンタル面の維持の仕方など具体的にご教示頂きたいです。

佐賀県 男性 代表取締役

 組織がスリム化する中で課長・係長が果たすべき役割に対する指針を提示し、現職の課長係長及びこれら役職を目指す社員の羅針盤的な役割を果たすこと。

茨城県 男性主任

 心構え、スキルアップ、ノウハウ、など糧になる情報を得たいので現掲載の継続と新規発信御願いします。

東京都 男性係長

 今年度より係長となりました。今はその役割を理解すべく、このサイトを見させ
ていただいてます。今後も何かとためになる資料を掲載していって欲しいと思います。

東京都 女性係長

 新任係長の教材として使いたいので、基本と、どうすれば問題を乗り越えられるかなどの知識がほしいです。


 スポンサードリンク
 


>> トップページに戻る
>> メール相談する(メールフォームへ移動)